2番ではダメなんですか?ハイ、ダメなんです!


ホームページ制作を成功させる為には、何よりも結果にこだわることです。
ここで言う結果とは、予算を掛けて作ったホームページを公開することで、何を期待するのかということでもあります。

ただただオシャレなホームページを作り、でも誰にも見てもらえないと言うのでは、最初の満足感も失せていつに間にか自分でも無かったことにしてしまうのがオチなのです。

今、多くのホームページが、見られる、見つけてもらえる、そこに結果を定めています。
つまり、見つけてもらえることにどれだけの価値があって、言い換えればそれがスタートなのだと誰もが気付いてきたということです。
特に、ビジネス目的で、何らかのサービスを提供したり、告知したいと考えているのなら集客というキーワードを常にホームページ制作では心掛けましょう。

クールなデザインなのかではなく、より多くの人が見てくれることに目的を絞り込むのです。

コンテンツマーケティングは、それを満たす為に行わなければいけません。
例えば自社製品をこと細かく説明するだけでは、ほとんど指名買いしてくれる客にしかアクセスは見込めません。
その一つ前に、例えばプロなら当然知っているのに、素人にはまだよく知らない様なことを説明していたらどうでしょうか。
訪問した人は、なるほどとその情報に関心を持ち、それから自社製品を見ることで今までとは見方が異なって来ないでしょうか。

つまり、自社製品という入り口から購入までを導くよりも、もっと一般的な情報に行き着いた人が、何らかのキーワードから自社製品に関心を持って購入までとした方が来客数を期待出来るというわけです。
また一方で、検索結果の順位も大きな価値を生んでいます。
今や多くの人が何らかの言葉を検索します。

もしも、その結果ページで上位に表示されれば、それだけ来客にも結びつくのです。それで終わってしまってはいけませんが、まずは見てもらうという意味で、2番では意味がないのです。
あのサイトに行けば、こんな情報が手に入ると周知されるまでサイトが成熟出来るのは、全体の数%にも及びません。
つまり、来てもらうことが当初の予定数まで達成出来ないホームページの方が圧倒的に多いのです。


どんな手段で見てもらえるホームページにするのか、そう考えてホームページ制作を行うと、何に力を入れて、どこにコストを掛かるのかが見えてきます。
載せるべき情報というものを精査しなければ、誰にも気づかれないままで終わってしまうのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA