webでの集客には有効なSEO対策とマーケティングを

 

近年、集客のためにホームページを作成することは商売を成功させる上で必須のものになっています。
しかし、ただホームページを作るだけでは閲覧者は集まりません。
検索エンジンに表示されて始めて一般のユーザーがサイトを閲覧するようになります。

検索エンジンはいくつも存在しますが、シェアを考えるとYahooやGoogleで上位に掲載されると特に効果を発揮します。

商品やサービスの購入を考えたユーザーは検索を行いますが、実際にユーザーが閲覧するのは上位数ページに表示される情報だけです。

時間をかけて数十件以上のホームページを閲覧する方は少数です。

そのため、SEO対策を行い、上位ページに表示されるようにする必要があります。
これは商店の立地の概念に近く、同じサービスや同じ価格のためにわざわざ駅から遠いところまで行く人は少ないということです。

検索エンジンでは、日々検索結果の更新が行われています
クローラーと呼ばれるプログラムを持ち、既に掲載しているホームページからリンクを辿って新しいホームページを巡回しています。
使用されているキーワードをプログラムによって収集し、情報として保存します。
それを基に検索ページが作られます。

利便性の高さを維持する観点から、検索結果を作るワードの法則は公開されていません。
しかし多くのワードがあれば良いというものではなく、ワードがどのページにも平均して分散されていること、ホームページの深部にまでワードが存在することです。

検索結果に関係するワードを使用することを内的SEOと呼びます。

検索結果を作る方法はもう一つあり、既に表示されているホームページから多くのリンクが貼られていることです。
これはリンク元のホームページのアクセス数が多いほど影響が大きくなります。
新しく作ったホームページのリンクを貼ってもらうことを外的SEOと呼びます。

これらの方法を基に、購入してくれる率が高いお客様がどのようなワードで検索しているかを分析し、ホームページに反映します。

例えば、福山市の名産品を取り扱うサイトの場合、どの名産品に関心があるか、「観光」が先なのか「通販」が先なのか、購入に繋がるワードを選定し、適度にホームページ上にワードを使用します。

通販サイトでも、その商品の利用方法や関連知識など、多くの情報を盛り込むことで検索結果の上位表示が期待できます。

根気強くコンテンツを充実させ続けることが集客できるホームページに繋がります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA