リピーター作りには購入後の認知が大事

ネットショップの売り上げを上げるためにweb広告を出したり、集客を集める工夫を行います。

 

一度利用して頂いたお客様にリピーターになってもらうことで、安定した収益を上げることができます。

 

リピーター作りの代表的な方法としては、メールマガジンの配布です。

利用するときにメールアドレスを入力しますので、その後定期的にお知らせをお送りしたり、新商品やセールのお知らせをします。

これを続けることで、また商品を買う必要が生じた際、最初にお店のことを思い出してくれます。メール会員限定のセールなどを企画すれば、お得に購入したい気持ちからリピーターになって頂けるでしょう。

但し、あまりに高頻度でメールを送ると鬱陶しく思われますので、節度を守ったメール送信を心掛けるべきです。

 

もう一つは、ポイント制度の導入や、一定期間における購入金額や購入回数で割引を行うことです。

ポイント制度を導入することで、再度の利用に繋がりますし、割引を受けられるギリギリの状態になったときに、もう一点商品を買ってもらえる可能性があります。

ポイントには有効期間を付け、購入する気持ちを煽るのも良い方法です。

 

アフターケアを充実させることでも店舗への印象は良くなります。

返品にも積極的に応じる姿勢や、購入後数日たってからのお伺いメールなどでもお客様との接点を作ることができますし、印象も良くなるでしょう。

ネットショップは通常の商売と異なり、商圏がありません。国内はもちろん、世界中のネットショップがライバルになります。

中にはごく小規模で、利益を考えずに行っているショップもあります。

そのような市場の中で、長く安定した利益を出すには、既存の顧客を離さない努力が必要です。また顔が見えないことから、馴染みの店という思いも持たせにくく、具体的なサービスや価格だけが判断の対象になってしまいます。

 

同じ商品を扱う他社の価格を調査したり、サービスを研究することも集客には重要です。どのページがより多く閲覧されたかを調べるツールもありますので、マーケティングに役立ちます。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA