2016年SEO対策
変化するGoogle アルゴリズムに
対応した新たな施工

上位表示するサイトの共通した「成功ポイント」とは?

オススメポイント!
□Google 自身のガイドラインや公式ブログで発表している内容で施工します。
ユーザー目線からのサイト見直し。

SEOで失敗する企業は?

SEOで失敗する1番の原因はキーワードの選定ミスと言われています。

とかくビッグキーワードに目が行きがちですが、そのキーワードに長い年月と苦労をかけて、仮に上位に表示されても成約率につながらない。という話はよくあります。
単に、興味があるから検索するワードと買う気満々での検索ワードは違います。成約率に結びつくキーワードでのSEOが必要です。

目先のテクニックではなく、日々の細かい努力の積み上げが必要です。

 

日々の内部要因を分析し、改善していく必要があります。
コツコツとPDCAサイクルの繰り返しをおこなう忍耐が必要です。

これからのSEO:共通する成功ポイントとは

昔と今のSEO

昔はSEO も比較的単純で、タイトルタグやメタキーワード、文章にキーワードをある程度含めるだけで簡単に上位表示が可能でした。
しかし、ウェブサイトの急拡大とそれに伴う検索ユーザーの拡大から検索市場も急成長し、各検索エンジン会社ともユーザーの囲い込みのために検索精度の向上に莫大な投資を行った結果、単純なタグやキーワードの調整では簡単に上位表示できないような複雑なアルゴリズムが誕生しました。

上位表示を成功させているお客様の共通ポイント

TOPページだけでなく下層ページにわたって計画的にキーワードが設定されている
1ページ、1キーワードでSEO対策が施工されている
・検索ユーザーが訪問してきたときに満足できるページ構成が施されている。
(起承転結のストーリーが狙ったキーワードと連動している)

SEO実施項目 Googleガイドラインに沿ったSEO

SEO を始める前の準備

ウェブマスターツールを設定する
www の有無を統一する
sitemap.xml を送信する
Google アナリティクスを設定する

対策ページを増やす

効果的なキーワードを選び、チューニングの実施
効果を最大限に上げるためページ数を増やす

キーワードを決める

成約率の上がる複合キーワードを選ぶ
ページマッチでSEO に適したページを選ぶ
Google adwords(keyword planner)などから効果的なキーワードの抽出

順位が上がらない時の対応

ページポテンシャルと競合比較をチェックする
アクセス数とキーワードを調べる
ウェブマスターツールでサイトの状況をチェックする
コピーコンテンツの有無を調べる
自動生成ページや質の低いページを調べる
ページスピードを調べる

チューニングを行う

ページタイトルを最適化する
付加価値の高いオリジナル文章を十分な文字数で作成する
キーワードを調整する
見出しタグを最適化する
画像の利用を最適化する
リンク構造を最適化する
正しいファーストビューの作り方

独自の専門ツールを使用した分析の実施

最新のgoogle アルゴリズムに対応した、ツールを使用してさまざまな角度からSEOの分析を行う
競合の平均月間訪問数、平均ページビュー、滞在時間、直帰率、流入キーワードなどあらゆる情報が丸解りとなり対策項目が見えてきます。

基本機能

Googleをリアルタイムに分析するSEOツール

このツールは、Google統計分析数値をもとに、様々なSEO要素をわずかワンクリックで表示します。
また、リアルタイムで分析するため、常に最新のGoogleアルコリズムに対応したSEOが可能です。


ページSEO分析
ページのコンテンツ改善やSEOタグの改善内容が1クリックでわかります
Googleをリアルタイムに分析した数値をもとに、自ページのSEO分析を行います。また、改善項目ごとに検索順位との相関度や予想修正時間もわかります。


コンテンツ分析
いままで数値化が難しかったコンテンツ分析が可能
このツールは、コンテンツ分析ができるのが最大の特長です。通常は数値化するのが難しい"コンテンツ評価"を可視化することで、Googleがどのようなコンテンツを評価しているかがわかります。


HTMLタグ分析
タイトルタグやHタグなどのSEOに重要なHTMLタグの傾向を分析
Googleは、検索順位を決定する際の指標として、約200項目以上をみます。このツールは、その中でも特に順位と関係の強い項目に対してリアルタイムに統計分析します。


順位取得とページ監視
手間のかかるSEO保守&監視を自動化
登録したキーワードの検索順位を自動で取得するだけでなく、登録ページの404エラーや301、302リダイレクト、タイトルタグチェック、更新によるSEO崩れなどのSEO状態を自動で監視します。

連携機能

強力な連携機能

GoogleアナリティクスとGoogleサーチコンソールと連携したサイトの分析ができます。設定ドメイン数に上限はありませんので、Googleアカウントに紐付いているすべての登録サイトでお使いいただけます。

Googleアナリティクス連携
SEOに最適なキーワードをトラフィックデータをもとに自動選定
ランディングキーワードごとのページビューや滞在時間、直帰率からコンバージョン貢献度を計算。SEOに適したキーワードを6段階のお勧め度として表示します。
また、キーワードごとの数値をWebサイト全体の平均値と比較して、ページをどのように改善すれば、ユーザビリティーやコンバージョンがアップするかアドバイスします。

Googleサーチコンソール連携
サイトに流入する前の検索ユーザーの動線が分析できます
Googleサーチコンソールと連動することで、「順位に対してのクリック数(率)は、平均と比べてどうか?」や「どこ(PC、スマホなど)からどのくらい検索されているのか?」など、アクセス解析だけでは分からない検索ユーザーの思考や動線が分析できます。

ページSEO分析

ページ内部のSEO改善内容が1クリックでわかる!

ページSEO分析は、バックエンドで対象キーワードで上位表示されているWebページの統計分析をリアルタイムに行い、もっとも最適なSEOアドバイスを表示します。
SEO分析項目は、タイトルタグのSEOの重要なタグの分析はもちろん、近年SEO要素として非常に重要となっている、コンテンツ傾向、サイト外リンクトピック、サイト外リンク設置個所、コピーコンテンツなども分析します。
つまり、このツールでページを最適化すれば、ページ内部のSEOはすべて網羅できます。

コンテンツ分析

Googleで上位表示されるコンテンツがわかる!

このツールは、コンテンツ分析ができるのが、最大の特長です。
いままでは数値化するのが難しかったコンテンツの評価を可視化することで、Googleがどのようなコンテンツを評価しているかがわかります。

HTMLタグ分析

SEOで重要なHTMLタグ要素はすべて分析!

SEOに重要なHTMLタグも分析します。すべてのHTML要素を上位ページの傾向に近づけることで、安定した上位表示が可能になります。
さらに、上位ページの各SEO要素と検索順位の相関をスピアマンの順位相関係数によって求め、検索順位との相関関係を5段階の星マーク(☆)で表示します。
順位との相関関係が高い要素を優先的にSEOすることで、SEOの作業効率が大幅にアップします。
スピアマンの順位相関係数とは、チャールズ・スピアマンによって提唱された順位データから求められる統計上の指標です。

順位取得とページ監視

順位取得だけでなく、ページ状態も自動で監視!

登録キーワードの日々の順位に加え、登録ページの404エラーやタイトルチェック、ページの更新状態を監視します。

Googleアナリティクス連携

SEOに最適なキーワードをトラフィックデータをもとに自動選定

まだキーワードが決まっていないSEO初期段階でもGoogleアナリティクスデータをもとに、コンバージョンにつながる可能性が高いキーワードとそのキーワードにもっとも適したページを最大で1000キーワードまで自動で判定します。

Googleアナリティクスが設定されているサイトなら、無制限でお使いいただけます。

Googleサーチコンソール連携

”サイトに流入する前”の検索ユーザの分析ができます

Googleサーチコンソールと連動することで、アクセス解析だけでは分からない、検索ユーザーの思考や動線が分析できます。

Googleサーチコンソールが設定されているサイトなら、無制限でお使いいただけます。

お気軽にお問い合わせください。084-946-5233受付時間
平日:10:00-12:00  13:00-21:00
土日:10:00-12:00  13:00-18:00
定休日:火曜日・祝日

メールでのお問い合わせはこちらお気軽にお問い合わせください。