福山市と大阪市のホームページ制作|50社の施工から解った集客マーケティング
広島県福山市引野町1丁目14-34サンオーレ東福山102 月・水・木・金10:00〜21:00 土・日10:00〜18:00 084-946-5233

成果と対策がひと目でわかるアクセス解析

Web Analytics月々10,000円+税
解析ブックはこちらからダウンロードできます
アクセス解析のご相談はこちらから

アクセス解析とは

アクセス解析とは、ホームページにアクセスしたユーザーの特性や行動を分析することです。

  • どこから来たのか。(検索、他のサイトからのリンク)
  • 一番最初に見たページ。
  • 検索したキーワード。
  • よく見られるページ
  • ホームページに滞在した時間。
  • 訪問者数。

他にも解ることはあります。
こういうことが解ると、ホームページの改善点などが見えてきます。

解りやすいアクセス解析を提供します

総括レポート

総括レポートP.1

現在のサイト状況を全体的に把握するために必要となる、重要な解析数値を掲載しています。

  • 成果・訪問数・閲覧数などは前月・前年同月からどう変化していますか。
  • パソコン・スマホ・タブレットの成果のうち、想定よりも低い数値はありませんか。
アクセスレポート

アクセスレポートP.2

ユーザーのアクセス動向を日ごと、または半年単位で比較して、傾向の変化を把握できます。

  • 6ヶ月推移のグラフで、訪問数が低下傾向にありませんか。
  • アクセス推移の表のうち、平均ページビューや直帰率が特に悪い箇所はありませんか。
コンテンツレポート

コンテンツレポートP.3

どのようなデバイスで、どのコンテンツを閲覧されるケースが多いのかを、ランキング形式で把握できます。

  • 対策の*マー クがついているベージを実際に衷示してみて、何か気がつく点 がありませんか。
  • 閲覧開始率が高く、直帰率が高いページはありませんか。
トラフィックレポート

トラフィックレポートP.4

サイトに訪れたユーザーの訪問地域や、訪問経路ごとの傾向など、アクセスのきっかけとなった要因を把握できます。

  • 訪問経路の推移表のなかで、数値が大きく変化している経路はありませんか。
  • ターゲット地域からのアクセスは獲得できていますか。
ランディングレポート

ランディングレポートP.5

サイトの入口となったページを、ユーザーが閲覧した端末と訪問窓口別にランキング形式で把握できます。

  • 意外なページが上位にランキングされていませんか。(ユーザーニーズが反映されたページである可能性があります)
  • 広告からの訪問は適切なページに誘導できていますか。
キーワードレポート

キーワードレポートP.6

Google検索利用者が使用したキーワードの分析レポートです。Google検索におけるサイトの表示状況を分析できます。

  • 主要なキーワー ドで検索給果に表示され、サイトヘの訪間がありますか.
  • 検索順位が高いにも関わらず、訪問につながっていないキーワードはありませんか。
指定キーワードレポート

指定キーワードレポートP.7

あらかじめ指定したキーワードごとに、Google検索におけるサイトの表示状況を把握できます。

  • 指定したキーワードでGoogle検索結果に表示されていますか。
  • Google検索結果への表示回数が多いにも関わらず、訪問率が低いキーワードはありませんか。
検索訪問レポート

検索訪問レポートP.8

Google検索からの訪問上位6ページの分析レポートです。各ページが検結果に表示された時のキーワードや表示順位を把掴できます。

  • 主要なペー ジヘの訪問を獲得できていますか。
  • 訪問につながつている意外なキーワードはありませんか。
コンバージョンレポート

コンバージョンレポートP.9

成果の目標達成率と、成果までのフロセスを分析します。成果の入口からゴールまでの流れを具体的に把握します。

  • 「ステップ1⇒ステップ2⇒成果獲得」の各ステップ間の誘導率で特に悪いと感じる箇所はありませんか。その場合、PC・スマホ・タブレットのどこを特に対策すべきですか。
  • 訪問につながつている意外なキーワードはありませんか。

アクセス解析の基本用語

  • 訪問数(セッション)=サイトに訪問された回数を表します。
  • 閲覧数(PV) =ページが表示された回数を表します。
  • 平均ベージビュー=アクセス1回あたりに、表示されたベージ数の平均です。
  • 直帰率= 1ベージだけを見てサイトを離脱したアクセスの割合です。
  • 離脱率=そのページを最後に見てサイトを離脱したアクセスの割合です
  • コンパージョン=成果をあらわすアクセス解析用籍です。(コンパージョン数=成果数となります)
  • デパイス=アクセス時に使用した端末の種類を表します。パソコン・スマホ・タプレットの3穫です。
  • 検索順位=検索結果に表示されたサイトの平均検索順位を表します
解析ブックはこちらからダウンロードできます
アクセス解析のご相談はこちらから

レポート活用の重点ポイント

A~Eまでの各項目をひとつずつ確認の上、[ヒント]を参考にしてサイトの改善をご検討ください。

A今月の訪問数を確認します

前月・前年同月の数値よりも減少していませんか?

[ヒント]

訪問数が前月・前年同月よりも低下している場合で、この傾向が2ヶ月以上にわたって続いた場合は対策が必要である可能性があります。

パソコン・モバイルでどちらのアクセス数が多くなっていますか?

[ヒント]

モバイルが多くなっている場合、サイトがスマートフォンに対応しているかどうかが重要なポイントとなります。パソコンサイトだけではスマートフォンのお客様がサイトを閲覧しにくいため、全体として成果にも結びつきにくくなります。

B直帰率の状況を確認します

前月・前年同月の数値よりも増加していませんか?

[ヒント]

前月・前年同月の数値よりも増加している場合は、1ページだけ見てサイトを出ていったアクセスが多くなっていることを示しています。極端に直帰率が高くなった場合などは注意が必要ですが、広告による集客をスタートした場合は自然と高くなる傾向があります。

パソコン・モバイルで特に直帰率が高い項目がありますか?

[ヒント]

どちらかが極端に高い場合、該当の端末でアクセスした場合に何らかの問題が発生している可能性があります。逆に低すぎる(~10%など)場合は、Googleアナリティクスのタグが重複して設置されていることも考えられます。

C今月の成果カレンダーを確認します

日ごとの数値のなかで極端な変動はありませんか?

[ヒント]

サイトへの施策やコンテンツ追加は、多くの場合少しづつ数値に変化をもたらす傾向があります。日ごとの短いスパンで極端な増減があった場合は、外部メディアでの自社サービス紹介、またはサーバートラブルなど特殊な状況が発生した可能性があります。

D成果の入口ページ直前のページを確認します

成果の入口となりやすいページはありますか?

[ヒント]

成果の入口直前のページは、お客様が最終的にお問い合わせを決断する要因となったコンテンツになっている可能性が高いといえます。これがパソコン・スマホ・タブレットごとに大きく異なる場合は、それぞれの端末でアクセスされるお客様のニーズ自体が異なっていることも想定されます。

Eユーザーの傾向を確認します

ターゲットとして想定しているユーザーの訪問がありますか?

[ヒント]

男女比や年齢層別のアクセス傾向を確認することで、サイトに訪れているユーザー層を想定することができます。これらのユーザー層に合わせたコンテンツを強化することで、サイト成果が向上する可能性があります。

サイトの改善をご検討ください

他のレポートも参照することでもっと深く数値を確認することができます。

サイトへのアクセス推移を詳しく確認したいアクセスレポート
人気コンテンツを知りたいコンテンツレポート
どこからアクセスされているか知りたいトラフィックレポート
入口となっているページを確認したいランディングレポート
サイトが検索されたキーワードを知りたいキーワードレポート
指定のキーワードでサイトが検索されたかを知りたい指定キーワードレポート
検索訪問の多いページを知りたい検索訪問レポート
成果の状況を詳しく確認したいコンバージョンレポート

※キーワードレポート、指定キーワードレポート、検索訪問レポートのご利用は、Googleサーチコンソールへの連携が必要となります。

解説ブックは、こちらからダウンロードできます

アクセス解析のご相談はこちらから

ご相談は無料です。
お申し込みは、月々1万円+税となります。